読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

My Favorite Things☆

人生は楽しむためにあるのさ

正義ってなんだろう?対話がもたらすことの希望☆レディ・ソルジャー☆

正義は人の数だけあるし、

自分の正しさを絶対だとする人が苦手な

Oh!気楽主婦です。

今年は不倫ネタで世間が盛り上がる中、

不倫でイメージダウンのハリウッド女優主演の映画を観ました。

意外と良かった映画なので、ご紹介。

 映画「トワイライト」シリーズで人気を博したクリステン・スチュワート。

「スノウ・ホワイト」の映画監督との不倫をスクープされ、残念に思った人も多いはず。

だって、あんなおっさんより、ロバート・パティンソンのがいいでしょう!!と思ってたけど、

エドワード役のロバートとの関係は映画のための

話題作りだった可能性もありますね。

続編の「スノウ・ホワイト2」予告編観ただけですが、なぜか主人公である白雪姫であるクリステン・スチュワート出演してませんしね。

 

どんな映画も好き嫌いなく観れるタイプの私ですが、

「レディ・ソルジャー」も、

実はアイドルチックに人気の出た女優さんの演技とか、

全然期待してなかったです。

ちょっと暗いタイプの女性の役は、トワイライトでもそうながら、

いい意味で裏切られました。

正直、グアンタナモがどこにあって、なんなのかも分かっておらず、

アブグレイブ刑務所と混同していて、

最初はクリステン演じるエイミーが、

刑務所にいる囚われの人間にひどいことをするのかと思っていて、

ひどいシーンは早送りで飛ばそうとリモコン構えてました。

 

でも、図書係になったエイミーと、拘留者のアリとの

一つ一つのやり取りが、クライマックスにかけて、

映画のメッセージとなって重みを増すため、

飛ばして観ないほうがいいです。

正義を押し付けられたアリと、

拘留者からの女性蔑視に晒されるエイミー。

そんなハ〇ポタぐらい、読ませるくらいいいじゃんかって思うことすら、

なんだかもどかしい。

アメリカ軍のなかにも、エイミーと同じように感じ取って、

考えて、行動できる人が、一人でも多くありますように。

対話がもたらすことの希望を、

この映画は見せてくれました。

 

 

レディ・ソルジャー [DVD]

レディ・ソルジャー [DVD]